転職面接には、スーツに白シャツ、ダークネクタイが鉄板

 以前、ある会社の総務部におりました。その際に大勢の転職希望者の方とお会いしたのですが、時には信じられないようなケースもありましたね。会社側からすれば「常識の範囲でしょう」と思うようなことなのですが、転職面接に慣れていない人にとっては分からないことなのかもしれませんね。

 

 

 転職面接に来る時は、スーツが基本です。たとえ職種がやや自由業っぽい場合でも、スーツを着ていればまず間違いありません。面接と初回の出勤日にさえスーツ着用をしないような人では、どんな会社も勤まらないはずです。会社って、つまりは社会活動ですからね。その場のTPOが読めないような人は、採用されないんです。

 

 

 スーツ着用でも、ちょっとびっくりする人もいました。たとえばカッターシャツの色ですね。基本は白です。転職面接に来るなら、白以外はダメだと思ってください。中にはピンクやブルーのシャツの人もいるんです。白シャツにダークな色のネクタイ。これ以外はNGです。服装がゆるめの小売業でもソフトハウスでも同じこと。場合によってはスーツでなくてジャケットでいいこともありますが、その際も必ず白シャツとネクタイははずさないでください。ネクタイは色で迷ったらネイビーが鉄板です。

 

 

 そして男性は、意外と忘れがちなのがひげそり。きちんと剃ってあればいいんですが、面接が夕方にずれ込んでしまうときなどは、うっすらと生え始めていることもあります。男性でも面接時には身だしなみに注意をされたほうがいいです。自分で気になるなら、直前にもう一度剃ってください。ひげが浮いていると、第一印象が悪くなり、採用されるものもダメになりますよ。