いちいち落ち込まないことが大切

転職活動と応募数の話

 

 転職活動というと、ここぞというところにアプローチをかける人が多いです。どうしてもこの会社に入りたいという思いで、応募する人も少なくありません。しかし、一社に狙い撃ちで転職が成功しているのは少数派です。調査によれば、応募数として多くの人が10社以上にアピールをかけていることが分かっています。転職に成功している人は、数も打っているわけです。

 

転職市場の変化も影響する件

 

 というのも、転職市場というのは移り変わりが激しいものです。今人気のIT系なら、未経験でもOKという場合もありますが、人が増えてくると転職が難しい分野になったりもします。どこの市場も常に動いているので、転職しやすい分野・しにくい分野というのはどんどん変化していきます。

 

上手く転職するためのポイント

 

 こうした外的要因もありますから、個人で取り組めることといえば、転職においてもリスク分散といえます。一つは仕事は次が決まるまではやめないことですね。そして、希望の業種や職種ばかりでなく、上手くいかなければ少し視野を広げてみることです。他の業種でも、自分のやりたいことができる可能性はあります。行きづまりを感じたら、少し矛先を変えることも転職成功のポイントです。