転職成功の鍵

貴方は確りと自己アピール出来ていますか?
転職を成功させる鍵は「アピール力」です。
中々転職に成功しない人は、このアピール力が不足している事があります。
今回は、転職を成功に導く「アピール力」について幾つかご紹介します。

 

 

1:自己評価が低いのはNG!どんな資格・長所でも積極的にアピール!
日本は昔から控えめな態度・謙遜は美しいとされていますが、
転職活動中は控えめな態度・謙遜のし過ぎは逆に採用を遠ざけてしまいます。
企業が求めているのは、優秀な人材・活躍が期待出来る人材・向上心のある人材です。
謙遜のし過ぎは貴方を採用した時のメリットが相手に伝わりません。
それこそ貴方の職務経歴や履歴書の記載内容等が余程素晴らしくない限り採用確率は下がります。
自分の取得した資格や、培った経験、身につけたスキルは、どんどんとアピールしましょう。
自身を雇う事でどんな利益やメリットを望めるのか、確りとアピール出来る人ほど採用率は上がります。

 

 

2:根拠のないアピールはNG!説得力を持たせたトークをする事。
上記では、控えめ過ぎる態度・謙虚過ぎる姿勢はNGとお伝えしました。
だからといって根拠のないアピールは頂けません。
「自分が採用された暁には、業績の向上が望めます!」と言ったところで
説得力に欠けてしまい、何とも阿呆らしいアピールになってしまいます。
その為、「自分は何が出来る」「それによって○○が期待出来る」
「○○が向上する事は業績にも繋がる」「なので業績向上が望める」と
具体的で且つ説得力を持たせたトークをする事が大切です。
高いアピール力は好印象ですし、相手にも採用するメリットが伝わります。

 

 

3:自意識過剰はNG!自分の未熟な点を把握する事。
どんなに素晴らしいアピールをしても、相手が自意識過剰だと感じてはマイナスイメージです。
企業としても自意識過剰で仕事が出来ない人間より、自己分析が出来て且つ着実に
自己の力で能力を高めていける人材を欲しています。
その為「○○は出来ますが、△△に関してはまだまだ未熟と認識しております」と
確り自己分析した結果を相手に伝えてみましょう。
そして「その為、貴社では△△を磨き、更なるスキル向上に励み〜」とトークを続けます。
そうする事により、相手へ自分が確り自己分析ができ成長出来る人間である事を伝える事が出来ます。

 

 

以上です。是非皆さんもアピール力を強化し転職を成功させて下さい。

 

 

 

人気サイト
仕事探しをする40代の方へ
40代の仕事探しで気を付けなければいけないこととは?